プロファイル

新正裕尚(しんじょうひろなお)

東京経済大学経営学部狂獣

連絡先

〒185-8502

東京都国分寺市南町1-7-34

電話:042-328-7878(ダイヤルイン:本人がいないと誰も取りませんが留守電付き。大学支給のぼろぼろ留守電死んで久しいので機能していません)

電話に関する追記:最近目茶苦茶セールス電話が多くて,思わず叩き切ること数知れず.ひょっとしてセールスでない電話を間違って叩き切っていないかという恐怖?に襲われています.

ファックス:042-328-7774(教員室)

e-mail: shinjoe("at")tku.ac.jp

業務?経歴

→変成岩の卒論(三波川変成岩、四国中西部、教授の意向でいきなり英文で書け、といわれて死にそうになる。某先生は「英語、日本語より内容が大事だから...」といいつつも、最後は、以下略)

→変成岩の修論(三波川変成岩、四国中央部、ものすごく長々と書くが、この辺は全く論文になっていない。そんなんで就職できるわけないわね)

→無謀に博士後期課程。ネタをさがして、三波川から秩父帯までいろいろ歩く。ほとんどまともな指導を受けず放置される。でも四国中央部の試料を使って教授からおりてきたネタで、やっと一本外に論文出る(この時点ですでにD3過ぎている。ほぼ、絶望的情況)。そのときは国内の英文誌で目立たない仕事と思っていたが、Rock Forming Mineralsに引いてもらえていることに気づいてちょっと嬉しい。

→何か判らんが、いきなり花崗岩をやることにする。これ指導教授よく認めてくれたもんや。でも勝手にやりなさいよと。フィールドはやはり四国。西南部、宇和島辺り。訳あって、一時期流行して複数のグループが入った山。でもちゃんと最後まで論文書いたの私だけですよ。

→やはり四国中央部三波川ネタなれど、年代学で一本論文書く。初めて国際誌に載りました。これも教員からの指導は全く無く、某先輩のお世話で書けたようなもの。

→何とか花崗岩の岩石化学でD論書く。データはすべて外部施設でとった。本当に何の設備も無い、悲惨な情況でした。

→オーバードクター生活。某大学助手に一瞬一本釣りになりそうになるが、最後に転ける。人事というのは恐ろしい。

→何とかD論を国際誌に通す。その他いろいろな方のお助けで、若干共著の論文が出る。

→学振PD補欠になる。「そんなん大概当たるで」という、某先生のええかげんな言葉を信じるも当たらず。

→そろそろ追い出されそうなところで、何とか学振PDをとる。

→ぼちぼち公募でショートリストに残ったりすることも出てくる。でも、福岡くんだりまで面接に行くも当て馬だったり。

→なんとか現職公募にひっかかる。それから10年以上も経って、それも実は2番手だったと聞かされて、冷や汗をかく。人事というのはやはり恐ろしい。

→職場では完全に孤立状態なので、わりとフリーハンドでフィールドや実験を楽しむ。東京に出てきたので、いろんな実験施設へのアクセスが良くなった。原研炉使った放射化分析なども始める。地震研究所の共同利用などで実験を始めさせていただく。主に西南日本の中新世火成岩について離島なども含めて、かなりの箇所に出掛けてサンプルをとり、基礎的なデータを出す。

→助教授(准教授)になる。と同時に役職当てられる。だいぶまともな論文出なかったが、ボチボチ日本語から、査読のあるところに再び書くようになる。

→役職終わったところで、1年サバティカル。基盤Cもいただく。新しいことに手を染めるが、最後まで詰めきれず。ふたたび、研究発展のチャンスを逃がす。

→サバティカル明け、あたりから大学業務徐々に忙しくなる。データ的には停滞なれど、ちょっと論文書けるようになって、ある程度はコンスタントに出るようになる。

→教授にしてもらう。誰にも祝ってもらえず、同じく昇任した方と、自力で祝いますか、としめやかに飲む。

→その翌年から、再び役職につき、6年間継続する。データがなかなか出ん。でも論文は少しずつ書いてます。

→役職明けた。平常運転に戻るはずが、大学改革の荒波に紛れる形で数ヶ月後に何かを補佐する立場に。2年余り居心地悪く過ごす。成果も出せず無駄飯食いだった。

→補佐し終えたところで何チャラ長に。これは大変でとにかくヒマなくて出張も出来ん。実験も何も出来ん。取りあえず1年間長苦しんだ。まだ終わらん。

とうことで、

(1)三波川変成帯を中心とする変成岩研究。岩石学、造岩鉱物学方面と年代学方面の仕事があります。

(2)西南日本の中新世火成岩研究。これも岩石学方面と年代学方面の仕事があります。これが、現状メインのテーマかと思います。

(3)前テーマに関連して、その時機の日本列島のテクトニクスに関して、年代学的アプローチを行おうとしていますが、まだデータも僅か、論文にもなっていません。

(4)西南日本弧同様に、若い、高温のプレート沈み込み帯である、南米チリ弧の第四紀火山岩の岩石化学的研究にも、少しだけ手を染めています。投稿中の論文が通れば、やってます、と大手を振って言えますが。→通ったので、やってます。PGAの結果使ったまともな論文がやっと1本出せるという点でもよかったよかった。

(5)西オーストラリア、ピルバラ剛塊の太古代花こう岩なども、ちょこっと分析していますが、データを紀要に投げた程度です。死ぬほど暑い中、苦労して採ったのに。

何らかの個人情報が必要な方は

ResearchMapの研究者情報("新正"で研究者検索すると3件しかかかりません)とか大学の教員紹介を参照して下さい。勝手に、"Shinjo hironao"(なんで、First Nameが後ろで、かつ頭が小文字やねん。訳わかりません)などという、意味不明の表記が、付されておりますが、論文での姓の英文表記は卒論以来一貫して"Shinjoe"としています。この綴りでちゃんと発音してもらえます。

職務の授業関係はこちら

ふざけたリンク集