東京経済大学

都立五日市高校と、高大連携教育協定締結~本学の連携協定校は全19校に

[2019.12.06]

東京経済大学は、東京都立五日市高等学校(東京・あきる野市)と、2019年11月19日(火)に高大連携教育協定を締結しました。
本学にとっては19校目の連携協定校となります。 国分寺キャンパス学長室で行われた調印式には、五日市高校から田母神武浩校長、佐々木純主幹教諭、そして高大連携担当の小町孝太郎教諭が、本学からは岡本英男学長、竹内秀一副学長、中村豪全学教務委員長が出席し、協定書を取り交わしました。

学長から「五日市と本学は、本学の色川大吉教授(現本学名誉教授)が『五日市憲法』を発見し大変縁がある地域である。五日市高校のグランドデザインに大変共感している。」と挨拶がありました。続いて五日市高校校長からは「高大連携の取り組みについて、実質的なものにしていきたい。そのための高大の積極的な意見交換や調整などが必要と考える。教育のビジョンは、地域の生徒に学校に入学してもらい、世界を見せて、地域に戻す、それが私たちの使命と思っている」と述べられました。

大学ニュース