情報システム課TOP >利用ガイド >FD(フロッピーディスク)の利用方法 >FD(フロッピーディスク)のトラブル対応

FD(フロッピーディスク)のトラブル対応

本ページは情報が古いです。最新の対応方法のページはこちら
フロッピーディスクは磁気や衝撃にとても弱いです。バックアップを必ず取っておきましょう。
1.エラーメッセージ  2.エラーチェック方法  3.ファイル修復方法(Word,Excel)

1.エラーメッセージ

エラーメッセージ例1
デバイスの準備ができていません。」 「A:\ にアクセスできません。」 「A:ドライブにディスクを挿入してください。
 ■原因
   フロッピーディスクドライブが正しく挿入されていない可能性があります。
 ■対応
   「キャンセル」をクリックしてフロッピーディスクを取り出し、ラベルの貼られた方を手前、上向きにし、
   再度奥まで挿入してください。

エラーメッセージ例2
ディスクはフォーマットされていません。」 「A ドライブのディスクは、フォーマットされていません。
今すぐフォーマットしますか?」 「STOP: ディスク メディアを認識できません。フォーマットされていない可能性があります。
 ■原因
   自宅のPCでは問題なく利用でき、大学のパソコン教室PCだとエラーが表示される場合が多いです。
   この問題はメディア記述子バイトがないディスクで発生します。
   古いフロッピー ディスクの中には、メディア記述子バイトが含まれないものがあります。
   (メディア記述子は、現在ドライブに入っているメディアの種類を示します。)
   古いOSではメディア記述子バイトを設定する必要がありませんので、この場合エラーは発生しません。
   FDをフォーマットしなおせば問題なく利用できる場合がほとんどです。
 ■対応
   古いフロッピーディスク利用の場合は、あらかじめフォーマット(方法はこちら)してから利用してください。
   ※データは消去されます。

2.エラーチェック方法